title.gif

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月12日

Custom Firmware Extender v1.9.2

カスアムファームウェア用多機能プラグイン、Custom Firmware Extenderの最新版、v1.9.2がリリースされています。

psp_qjgenth.jpg

スポンサーサイト

2007年10月28日

ThemePlus! NX v3.01

たくさんのカスタムテーマがリリースされていますが、どのテーマにしようか悩んでいる人も多いのでは多いのではないでしょうか。
そこでカスタムテーマを自動で変更してくれるアプリケーション、ThemePlus!を紹介します。

対応ファームは3.71M33-2。
お気に入りのカスタムテーマを入れておけば、ランダムに変更してくれます。

20071028183352.jpg

導入、使用方法は以下の手順を参照してください。


01. プラグインをこちらからダウンロード

02. 解凍後、出来上がった14962_ThemePlus_NX_v3.01フォルダ内、MS_ROOTフォルダ内のsepluginsフォルダをms:0にコピー

※他のプラグインを併用して使用する場合
sepluginsフォルダ内のthemeplusフォルダ、themeplus.prxファイルをそれぞれsepluginsにコピー。
その後、sepluginsフォルダ内のvsh.txtms0:/seplugins/themeplus.prxと追記します。


03. 手順02でコピーしたsepluginsフォルダ内のthemeplusには以下のフォルダが含まれ、それぞれに対応ファイルをコピーする

・gameboot ・・・・・・ PMF形式のゲームブートファイルを保存
・preset  ・・・・・・ プリセットファイルのフォルダで基本的にさわらない
・theme   ・・・・・・ PTF形式のカスタムテーマファイルを保存
・wallpaper ・・・・・・ JPG、もしくはBMP形式のファイルを保存

04. XMBメニューのテーマ設定で、テーマをカスタムテーマに変更

05. リカバリーモードからプラグインメニューへアクセスし、themeplus.prxをEnabledに設定し、再起動

各ファイルごとに、変更する頻度を設定することが可能です。
themeplusフォルダ内に含まれるconfig.iniを右クリック→プログラムから開く→Notepadで編集し、設定を行います。

各ファイルごとに

# 0 - Disable
# 1 - Always
# 2 - Hourly
# 3 - Daily
# 4 - Monthly
# 5 - Yearly
ChangeInterval = "1"

と表示されているので、ChangeInterval = "1"の数字の部分を書き換えることにより設定可能。
プリセットでは電源を入れるたびに変更されるよう設定されています。

0 ・・・・・・ 変更しない
1 ・・・・・・ 電源を入れるたびに変更
2 ・・・・・・ 1時間ごとに変更
3 ・・・・・・ 日替わりで変更
4 ・・・・・・ 月ごとに変更
5 ・・・・・・ 1年ごとに変更

お好きなタイミングで自動的にテーマや壁紙、ゲームブートを変更してくれます。
PTFファイルには壁紙も含まれるんで、PTFのみで設定しておいてもいいかも。
なお、他のプラグインと併用するとうまく起動しない可能性もあるので、使わないプラグインを停止するなどして対処してみてください。
PSP-MANIAはPTFファイルしか試していませんが、うまくランダム切り替えできました。

ThemePlus!には3.52M33用のプラグインも含まれますが、壁紙とゲームブートの切り替えのみ対応、となっているようです。

しかし1年ごとって・・・需要あるのか?w

2007年10月18日

Recovery LE plugin v3 (3.71M33-2用)

カスタムファーム用の多機能プラグインがヴァージョンアップされてリリース。

Recovery LE plugin v3

・XMB上から電源OFF、再起動などがスムーズに出来る
・XMB上からパンドラバッテリーの作成、ノーマルへの復元が自由自在
・XMB上から直接リカバリーモードの設定が可能

など、軽くあげても便利すぎるプラグインの導入方法と使用方法です。

※ご利用は自己責任にて


・導入方法

1. ms:0/sepluginsにrecovery.prxをコピー

2. sepluginsフォルダ内、game.txtとvsh.txtにそれぞれ”ms0:/seplugins/recovery.prx”と記入し、上書き保存
(すでにプラグインを導入している場合は改行して記入)

3. リカバリメニューよりrecovery.prxをEnabledに設定


・使用方法、メニュー項目詳細

セレクトの隣の♪ボタンとRキーを同時押しで起動。
○ボタンで決定、×でキャンセルです。

*Setting

・Base config
(リカバリーモードのコンフィグ設定にアクセス)
・Advanced
(読み込み設定の切り替え。NoUMDモードなどに変更可能)
・Registry hack
(決定ボタンの変更、WMA形式のファイルやFlash Playerの有効化などが可能)
・Recovery config
(このプラグイン・メニューの配色を変更)

*Extends

・CPU speed
(XMB、またはゲーム中のクロック速度変更)
・Plugins
(プラグインのON、OFFを設定可能)
・Brightness
(液晶の輝度を99段階で設定可能)
・Pandora
(ノーマルバッテリーをパンドラに変更、または復元することが可能)

*vshMenu

・XMB Usd Dev
(USB接続したときにアクセスする場所を任意に設定可能。UMDに変更するとドラッグアンドドロップでゲームの吸出しが出来る)
・ISO Video
(UMDビデオISOをマウント)

*USB
(USB接続)

*Power
(上からそれぞれ、スリープ、電源OFF、再起動)


バッテリーが使用可能な残り時間が右下に出るほか、♪ボタン+Lキーでスクリーンショットも取れます。

とにかく、全てのメニューにスムーズにアクセスできてかなり便利。
カスタムファーム導入してるなら間違いなく入れとくべきプラグインです。

2007年10月07日

Custom XMB plugin v2.5

最近ようやく公式でサポートされましたが、XMBをカスタムするにあたってflash0を書き換えるのが主流でした。
書き換え行為はなかなかの危険を伴い、NANDの容量やらなにやら複雑。
かといって、rcoの書き換えでラージアイコンの魅力を知ってしまうと、アイコンが変わるだけのPTFファイルによるカスタムでは物足りない。

最近はカスタムのプラグインを使用することによって安全、かつ簡単にXMBを変更することが可能となっています。

Custom XMB plugin v2.5 作者のサイト


導入、使用方法

01. まずはダウンロード

02. 解凍したらフォルダ内のcxmb.prxをms0:sepluginsに転送
(他にプラグインを導入してない場合は、PSPをUSB接続したあと、メモリースティックの中身を開いてsepluginsと名前を付けたフォルダを作成。次に、sepluginsフォルダ内にvshと名前を付けたテキストファイルを作成。)

03. ms0:/seplugins/vsh.txtを開き、ms0:/seplugins/cxmb.prxと入力して上書き保存

04. ms0:にcxmbフォルダを作成し、カスタムアイコンのfontフォルダ、vshフォルダをそれぞれ転送

05. PSPをリカバリーモードで起動し、Plugins ->を選択

06. cxmb.prx [VSH]を選択し、EnabldにすればOK

07. 再起動で適用完了


プラグインは3.71M33に対応していますが、肝心のrcoファイルが3.71M33用にコンバートしていないと使えないようなので注意が必要。
未対応の場合はMSランプがつきっぱなしでブラックアウトで変な汗かきます。

とはいえ、flash0の書き換えなしでアイコンがカスタマイズできるのは非常にありがたい。

こちらの記事
を参考にQJ.NETに登録して3.71M33に対応したカスタムアイコンを探してみるといいかも。
書いてる人

PSP-MANIA

Author:PSP-MANIA

PSPカスタム約歴3年

扱うネタはPSPカスタム一般、XMBカスタム、カスタムファームウェア、自作ソフト、その他裏話や独り言


----------------------------
R A N K I N G
----------------------------
各種ランキングに参加中

bk_logo.jpg

e_01.gif

banner_01.gif

記事が参考になったら
クリックお願いします

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

Appendix


カウンター
ON LINE:
ブログ内検索
LINK
MANIA'X BOOKMARK
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。