title.gif

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月25日

『THE EYE OF JUDGMENT™』レビュー

PLAYSTATION3周辺機器のPLAYSTATION®Eyeが同梱された『THE EYE OF JUDGMENT™』が本日発売。

新型のカメラを利用して、置いたカードが画面上に反映される、という今までにないシステムのカードゲーム。

同僚でもある友人を含め、前々からかなり気になっていた本ソフトを、友人が日付が変わった瞬間に入手したので、早速プレイしてきました。

UPする写真は携帯カメラでの撮影で解像度が良くないですがご了承ください。


外箱。写真では分かりづらいですが結構でかい箱に入っています。
CA3T08KY.jpg


早速プレイ。
CAR63QKT.jpg


↑のようなカードゲームの場の状態がそのまま画面に反映されます。
CACEI43G.jpg



カードゲーム自体のシステムは結構シンプル。
フィールドの属性に合わせたモンスターを召還していき、最終的に9マスあるうちの5マスにモンスターを召還できると勝ち、といった感じです。
実際は魔法カードやモンスター同士のバトルなどによる駆け引きなんかもあるため、そこから戦略的なものが発生する、といった感じでしょうか。
初見なのでそこまで深くプレイしていませんが概要はそんな感じ。

PLAYSTATION®Eyeについてですが、画面に映し出された映像はなかなかクリア。
以前発売されたEye Toyは試していないんですが、PLAYSTATION®Eyeの反応具合はなかなかのものでした。

ただ、カメラの周波数を合わせたり、部屋の明るさをいい具合に設定したり、とうまく読み込ませるためにはゲーム上でカメラを微調整する必要があり大変。
ゲーム中にカードを認識せず、置きなおすように警告が出る、という場面もありました。



友人がカードプロフィールモードでカードから召還できるモンスターを確認中。
CAFF3NB3.jpg


画面上には、自分の手で持ったカードからモンスターがにょきっと出てきてる映像が映し出されてちょっと感動。
カードを斜めに傾けるとモンスターも傾きます。
CAH5PBUW.jpg




設定をミスるとカメラの認識具合がちょっと甘くなる、というところを除けば、なかなか斬新で面白いと思います。
今後カードの拡張パックなんかもどんどんリリースされていくということなので、入手したカードからどんなモンスターが画面に映し出されるか、というカードゲーム+αの楽しみも増えるんじゃないでしょうか。

今後のPLAYSTATION®Eyeの対応コンテンツにも期待したいです。
スポンサーサイト

コメント

うっほーい

こ、これ!自分もすっごく気になってたんですよ~
でもPS3持ってないので、どうしようもないですけどwww
画像と記事見させてもらって、オモシロさが伝わりました★
いいなぁ~★

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://pspmaniax.blog118.fc2.com/tb.php/56-77c6398f
書いてる人

PSP-MANIA

Author:PSP-MANIA

PSPカスタム約歴3年

扱うネタはPSPカスタム一般、XMBカスタム、カスタムファームウェア、自作ソフト、その他裏話や独り言


----------------------------
R A N K I N G
----------------------------
各種ランキングに参加中

bk_logo.jpg

e_01.gif

banner_01.gif

記事が参考になったら
クリックお願いします

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

Appendix


カウンター
ON LINE:
ブログ内検索
LINK
MANIA'X BOOKMARK
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。