title.gif

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月03日

『Manhunt2』 残虐表現の解除について

発売されるゲームのほとんどが様々な場所で波紋を呼ぶRockstar GamsのPSP最新作、Manhunt2が先月31日に北米で発売されました。


延期に延期を重ねての発売となった超問題作ですが、過激すぎる残虐表現により米国のレーティング機構ESRBは18歳以上のみを対象とする「Adults Only」と格付け。
これによって販売店が限定される、などのマーケティングに関する事情及び、プラットフォーマーであるソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(SCEA)とニンテンドーオブアメリカ(NOA)が現状のままでは発売を認めない、と発表。
(Manhunt2はPS2、PSP、NintendoWiiの3機種でのマルチ展開)
発売予定を一時凍結する、という事態に。

英国ではレーティング審査の結果「発売禁止」という措置を受けており、その状態での発売は困難な状況に陥りました。

しかし、残虐表現をカットした修正版が開発され、米国で17歳以上を対象とするM(Mature)のレーティングを獲得することに成功。
今回の発売となったわけです。


しかし早くもロシアのハッカーにより、カットされはずの残虐表現が解除されてしまいました。

というのも、残虐表現はカットされたわけではなく、フィルターを通してアクセスし、”見えにくく”しているだけということが判明。
UMDGenというツールを使い、iso内のiniファイルを”調整”することにより、フィルターを介さず残虐表現が露呈するわけです。

hotmancoffeehunt.jpg

"Hot Man Coffee Hunt"はPSP FANBOYのこちらの記事。

ご存知の通りiso起動出来るのはカスタム化されたPSPだけなんで、カスタム化さえしてあればアメリカでさえ発売出来なかったManhunt2の出来上がり、というわけ。


Rockstar Gamesは過去にもGTAシリーズで、”Hot Coffee”というMODを入れることにより、”隠し演出”にアクセス出来ることが公となり、回収、修正の末レーティング付け直しという事件が起きており、今回の件も公になると一騒動ありそう。

すでにネット上ではそこそこな騒ぎになっており、この件が問題視されると、今後発売予定となっているGrand Theft Auto Ⅳなどのゲームソフトに影響する可能性も少なからずあるため、今後の動向が気になります。



-------------- 追 記 --------------

カットうんぬんとは関係ないですが、早くも勃発しています。

精神疾患患者の擁護団体、「ManHunt 2」の内容を批判/ITmedia News

ゲームの設定自体に対する批判のため修正は不可能であると思われ、騒動が大きくなると入手自体が困難になってくる可能性があります。

記事によると、ロック解除もすでにAP通信で報道されてるようで、今後益々波紋を広げそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://pspmaniax.blog118.fc2.com/tb.php/97-dbc57386
書いてる人

PSP-MANIA

Author:PSP-MANIA

PSPカスタム約歴3年

扱うネタはPSPカスタム一般、XMBカスタム、カスタムファームウェア、自作ソフト、その他裏話や独り言


----------------------------
R A N K I N G
----------------------------
各種ランキングに参加中

bk_logo.jpg

e_01.gif

banner_01.gif

記事が参考になったら
クリックお願いします

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

Appendix


カウンター
ON LINE:
ブログ内検索
LINK
MANIA'X BOOKMARK
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。